今年も大漁、いや大量!?
2017 / 04 / 27 ( Thu )
子(猫)育てに燃えてるラムネです。
若干、燃え尽きてカスになってますが。。。
今年は、去年以上に保護数が多く、のべ9匹の子ニャンコをお世話させていただきました。
まず第一号は
3月にきた目の明いてない、サイちゃん
第二回バザー当日30
この時は100グラムにも満たなかったのに、立派に成長し、400グラムに
子猫たち 4月27日 034
おっとりだけど、食いしん坊で、離乳食がこびりついてます。 失礼!
最近はラムネの後追いをしてくれるようになりました。
[広告] VPS

サイちゃんは、女の子だったら「みるくちゃん」男の子だったら「みるきー君」という名前をもらいました。今週、若いご夫婦の元へ旅立ちます! 可愛いみるちゃん、亡くなった兄弟猫の分まで幸せになってね!

次にやってきた、駐車場で発見された段ボールきょうだい。
「怜桜レオくん」
怜桜くんと桜音ちゃん 003
「桜音オトちゃん」
怜桜くんと桜音ちゃん 001
こまめさんのお友達が保護し、授乳期間が終わったので、保護された方がご自分で飼われることになり、一昨日、旅立ってゆきました
お兄ちゃん猫、お姉ちゃん猫と仲良くね!

そして、前回のブログでちょこっとUPした「パチンコ兄弟」
DSC_0779.jpg
パチンコ屋さんのゴミ箱に捨てられていたそうです。
迎えに行ったときは、目が明いてませんでした。
右の子は、目の周りだけ白くて、逆パンダみたい(笑)
遺棄子猫 013
仮名「パンダちゃん」 たぶん女の子です。
現在、目が明いてちょっぴり可愛くなりました
子猫たち 4月27日 015
左の子は、靴下ちゃん。 しゅりママ命名(カワウソ)の「カワちゃん」
多分男の子
現在、一番でかく育っております
子猫たち 4月27日 023
そして、ひときわ小さく、目が半開きのときはラムネに「妖怪」呼ばわりされた黒い子
遺棄子猫 008
現在、目が明いて、妖怪から小熊ちゃんに変貌しました
仮名「小熊ちゃん」性別、ちょっとわかりません
子猫たち 4月27日 007
関東支部長に泣きついて「一席、開けておきますよ」と言ってもらい、問題なければ、1匹は引き取っていただけそう♡
いつも本当にありがとうございます。
そして、一昨日、怜桜、桜音に代わってやってきた、またまた段ボールに入れられた子猫・・・
5匹のうち、3匹だけ生き残りましたが、残念ながら、2匹は体温が戻らず、ミルクも飲めず、頑張りきることができませんでした。
5匹のうち、唯一頑張っている「茶トラ」ちゃん
山西家拾った子猫
まだへその緒がぶら~んとしている、本当に生まれたての子です。 なんとかこの子だけは頑張って幸せをつかんでほしい。
ラムネと一緒に頑張ろうね~!!
バザーでお買いものしてくださった皆さま、支援してくださった皆さまのおかげで、この子たちのミルクも十分買うことができ、病院にも連れて行くことができました。本当にありがとうございます!
しゅりママ、Yさん、たくさんの粉ミルクのご支援、本当にありがとうございます!

来月のバザーもがんばりマッスル!!


にほんブログ村
スポンサーサイト
17 : 27 : 48 | ニャンコ保護 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
<<4月の収支報告 | ホーム | 第三回のバザー報告~最終~>>
コメント
----

サイちゃん改めミルちゃん、ステキな家族と巡り会えそうなんですね。良かった、良かった!
保護されなければ、兄弟たちと同様、冷たく悲しいことになっていましたものね。新しい家族とともに、兄弟たちの分まで幸せになって欲しいですね。
それにしても、次から次へですね。
仮名考えるだけでも大変そう・・・なんて、そんなのんきな話じゃないですね。命かかってますものね。
ラムネさんのところだけでもこれだけいるんだから、どれだけの貴重な命が冷たく悲しいことになっているんだろうって思うと、本当に残念で腹立たしい。
保護活動、ありがとうございます。
by: TJ@CAFE de MON * 2017/04/28 05:20 * URL [ 編集 ] | page top
--TJ@CAFE de MON様--

いつも温かいコメントありがとうございます!
サイちゃん改め、みるちゃん、無事に里親様のところへ旅立ちました!
たくさん可愛がってもらえて本当に良かったです。
サイちゃん、ものすごく生命力が強い子ですが、寒空の下、数十分か数時間は
放置されてたので、本当に一歩間違えばというタイミングだったと思います。
生きてくれて本当に良かった。心からそう思います。
それにしても今年は異常な多さです。
はい、私が仮名をつけると批判されますので(笑)よい名前があれば教えてください(*^。^*)
今回、せっかく保護しても救えない命があることも、保護すらされずに人知れず亡くなった子たちも
数えきれないほどいるんだな~と思うと悲しいですね。何のためにお母さん猫は苦しいお産をしたのかな?
何のために子猫は生まれてきたのかな~?なんて、ふと考えちゃいますね。
by: ラムネ * 2017/04/30 00:02 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2017/04/30 11:21 * [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://chocotyanmama.blog.fc2.com/tb.php/853-d31e87e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |