FC2ブログ
自宅で点滴することにしました。
2015 / 09 / 29 ( Tue )
前回の記事をUPしたときに、愛犬を亡くされるまでの辛い闘病の様子をコメント下さった方は今のフェリス君と同じだったり、もっとつらい経験をされていたんだと改めて思いました。
フェリス君は、もともと悪い状態で引き取ったんだけど、これがチョコや洋介ならと考えると・・・
簡単に「新しい子を迎える」という気持ちにならないことが、よくわかりました。

さて、フェリス君ですが相変わらず食べない状態が続いています。
吐き止めの薬を新しく処方してもらったんだけど、相変わらず1日3~4回は嘔吐します。
ますますぐったりのフェリス君。
洋ちゃんも心配そうです。
CIMG9562.jpg
見るに見かねた影の管理人が「なぁ、1回、別の先生に診てもらえへん?」と言い出し、引っ越し前に行きつけだった病院へ連れて行くことにしました。
影の管理人の職場まで山道をひたすら下るのと、へたくそなラムネの運転のせいで車内でも嘔吐。
ごめんよ、フェリス君。

決して大きな最新型の病院ではないのですが、チョコを保護した時から始まって、ほぼすべての保護犬を診てもらってる先生にフェリス君の今までのいきさつ、様子、お薬、診断結果を見せたところ
「う~~ん。あまりにも問題が多すぎて、悩んでしまうとこなんですが・・」と前置きしたうえで
先生がこの子の飼い主だと考えたら、嫌がる子を無理に追いかけて食べさせたり、吐くのに喉の奥まで突っ込むことはしたくない。
そこまでしても、寿命はそんなに変わらないと言われました。
CIMG9575.jpg
うん、やっぱりそうか。膀胱ガンは転移が早く、フェリス君の体力、年齢、腫瘍の位置を考えても手術は無理だと。
だったら残り少ない犬生をなるべく楽に、嫌がることをせずに過ごさせてあげたい。
最善の方法ではないかもしれないけど、私はそれで納得しました。
クッシングとか言ってる段階じゃないので、薬も捨てることにしました。

「じゃあ、今日から自宅で点滴してもらうわね」
「はいっ!」
と二人揃って、勢いよく返事したものの、自宅で点滴???
自分たちで針、刺すんかいな。
「大丈夫よ~、けっこう年配の一人暮らしの方もされてるし~」と先生。
影の管理人は、感情が揺らがない体質なので、平然としております。
CIMG9578.jpg
栄養剤も入っているそうです。
刺しやすいようにおハゲにされたフェリス君
CIMG9576.jpg
この日は、病院で吐き止めと点滴をしてもらい、一度も吐くことなくゆっくり休めたようです。
CIMG9574.jpg
明日からは自分たちで1日おきに点滴です。
「いや~、針さすの、怖いな~」と言うと
「あ、そう、じゃあオレ帰ったらやるから、置いといて~」とあっさり言って、さわやかに職場へと消えて行った影の管理人。
これからも、やりたくないことは全て影の管理人にお任せしようと思います♪

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



12 : 12 : 25 | フェリス君・ダックス(個人保護) | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
| ホーム |