FC2ブログ
シニアだけど!病気いっぱいだけど!
2015 / 09 / 11 ( Fri )
前回、予告したように我が家に新しい預かりっこがやってきました。
初めまして~
CIMG9397.jpg
病院の待合室にて。 
おっとりシニアのデカダックスちゃんです。 我が家が引き取る前からボラさんが検査入院させてくれていました。というのも、脱毛、お腹の張り、と、いかにもクッシングを患ってる外見だったので。
ちなみにクッシング症候群とは、副腎という器官から「コルチゾール」というホルモンが分泌されてるのですが、その「コルチゾール」が出すぎてしまうことで、体に悪影響を与えてしまってる状態のことを言います。
「多飲・多尿」が特徴的な症状なんですが、このダックスはあまり水を飲まないので、先生は「もう、クッシングの末期ちゃうかな~」と言ってました。 末期だとどうなるのかな~。 だいじなとこ聞き漏れてた~~(汗)
CIMG9378.jpg
しかし、それよりも重大なのが「膀胱の腫瘍」でした。 尿道近くに大きな腫瘍があり、小さな腫瘍もいくつかありました。
ずっと血尿が出てたらしく、それは腫瘍のせいだと。おしっこするときは、かなり痛みがあるだろうと。だけど、手術で取り除くには、かなり無理があるとのことでした。
もう、かわいそうすぎる(泣) 体もしんどくて、おしっこするにも辛いのに、箱に入れたまま飼い主に捨てられ、痛みを訴えることもなくじっと我慢してたなんて・・・ 
CIMG9416.jpg
しかも推定年齢14~15歳!? もうもうちょっとですやん。 あとちょっとだけそばにいてあげられなかったのかな~? 病気だから、お金がかかるから、そんなとこだろうとは思いますが・・・
我が家も十分なことはしてあげられないけど、せめて痛みを和らげたり、少しだけでもマシな環境に置いてあげたいと思い、思いきって連れて帰りました。 本当はもっといろいろしてあげたいんだけど、、ごめんね。

お名前は「フェリス君」 
影の管理人の職場の方が名付けてくれました。 ドイツ語、スペイン語で「幸せ」という意味だそうです。
とってもいい名前~♪ いつも単純に安易につけるラムネとは大違い(笑)
フェリス君がお家に入った瞬間です。
[広告] VPS

ま~~~ったく、犬に興味なしでございます。 よかった・・
薬をたくさん飲ませないといけないのですが、めちゃめちゃ嫌がるフェリックス君
「やめて~~~!」
CIMG9401.jpg
「いや~~~!!」
CIMG9405.jpg
「ボク、虐待されてます~~~!!」
CIMG9406.jpg
私ひとりでは、とても無理だったので影の管理人が、力づくで?飲ませてくれました。
CIMG9404.jpg
「影の管理人、すごいね~!上手に飲ませてくれたね~、私やったら絶対、飲まされへんかったわ~」とおだてると、すぐに調子に乗るKのK人氏。「え?そんなくらい、保護活動してる人間やったら、当たり前にできることやでっ!」と鼻の穴、全開で自慢されておりました・・・ブヒブヒッ
こんなに嫌なことされても、一切、威嚇することも噛むこともなく、しかも一切吠え声なしの本当におりこうさんです。
今日はいろいろと疲れたね。
CIMG9414.jpg
眠り始めた、と思ったら、フェリス君、突然クルクル回り始めました(汗)
[広告] VPS

あちこちの角にぶつかっていくので、クッションを置きましたが、この後もよだれ、失禁もあったので、認知症も入っているかもしれません。
そんな、かなり厳しい状況のフェリス君ですが、もちろん里親募集します!
「え~~っ、募集かけるんかい!? 見つかるわけないやん」と思われても、1%の可能性をかけてみたいと思います。
(この子を保護するにあたって、ラムネなりの悩みと葛藤がありました。 この件はまた改めてUPしようと思っています)
病気はありますが、まったく吠えません。 ほかのワンコに一切、興味がありません。 洋ちゃんに怒られても無反応(笑)の大物でございます。
そして今のところ、かまってちゃんでもないので、ある意味、本当に楽ちんな子とも言えると思います。
現に、おしっことよだれは拭くけれど、それ以外はほったらかしでも機嫌よく徘徊してます(笑)
性格ハナマルのフェリス君、応援、よろしくお願いいたします。
CIMG9410.jpg

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



23 : 30 : 18 | フェリス君・ダックス(個人保護) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
| ホーム |